一乗谷城(一乗谷朝倉館)【日本100名城】一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華

谷 一乗 谷 一乗

柴田勝家が 城に入ると、一乗谷の商人や西山光照寺、心月寺、安養寺などは、北の庄の城下に引っ越したため、一乗町、一乗魚屋町などの町が形成されました。 信長は逃げる朝倉勢を追い、木之本から刀根越えをし、疋田敦賀に乱入していった。 ところが、長政の部将である主が信長に寝返ったため、織田軍は月ヶ瀬城を落とし小谷城西側へ包囲を広げることが可能になった。

一乗谷城(一乗谷朝倉館)【日本100名城】一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華

谷 一乗 谷 一乗

また、南側の山腹には、 が秘剣「燕返し」の修行をしたと伝わる一乗滝があります。

一乗谷城(一乗谷朝倉館)【日本100名城】一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華

谷 一乗 谷 一乗

一乗谷朝倉氏遺跡(いちのじょうあさくらいせき)は、朝倉家が治めていた戦国時代の城下町の跡のことです。 ここでは、信長の軍事の天才ぶりを示す戦略や戦術を 考察しながら信長の合戦の軌跡をたどる。

5

一乗谷城の戦い

谷 一乗 谷 一乗

兵力差 【織田軍】 【朝倉軍 】 3万 500 戦闘目的 【織田軍】 【朝倉軍】 朝倉討伐 討伐阻止 主な参戦武将 【織田軍】 【朝倉軍】 織田信長・柴田勝家・羽柴秀吉・丹羽長秀・前波吉継 他 朝倉義景・朝倉景鏡・朝倉景健 他 肝心の 「義景」はというと、もはや勝ち目はないと思ったのか、 「朝倉景鏡(あさくらかげあきら/義景従弟)」先導のもと、すでに一乗谷を離れ 大野郡(六坊賢松寺)に逃れていました。

17

名門朝倉家を滅亡させた信長の一乗谷攻略の真実 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

谷 一乗 谷 一乗

更に、丁野山砦が陥落し、朝倉義景は越前への退却を始めます。

1

一乗谷朝倉氏遺跡

谷 一乗 谷 一乗

一乗谷を本拠としたのは、7代目当主であった、朝倉 孝景(あさくら たかかげ)と言われています。 福井駅から、「朝倉館前」または「復原街並」バス停まで、約30分です。 まずは、その違いに注目するといいだろう。

17