25万円の追加支援の詳細判明!!/【第3次補正予算】感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金

体制 医療 支援 金 確保 提供 補助 体制 医療 支援 金 確保 提供 補助

。 〔有床診療所〕200万円• この事業は、 発熱患者等専用の診察室(時間的・空間的分離を行い、プレハブ・簡易テント、駐車場などで診療する場合を含む) を設けて、発熱患者等を受入れる体制をとった場合に、その体制確保に要する経費について支援することにより、インフルエンザ流行期においても十分に発熱患者等に対応できる体制を各地域において確保いただくためのものです。

19

【医療機関の方へ】Metellの利用料は補助金の対象です

体制 医療 支援 金 確保 提供 補助 体制 医療 支援 金 確保 提供 補助

【申請にあたっての注意点】 ・必ず上記ご案内の「交付申請手続きに関するお知らせ」をご確認ください。 支援対象施術所 以下の(1)~(3)すべてを満たす施術所が支援の対象です。

厚労省、「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」の交付要綱を通知(2月3日)。補助金申請は郵送で厚労省へ、2月28日消印有効

体制 医療 支援 金 確保 提供 補助 体制 医療 支援 金 確保 提供 補助

また、申請期間はいつからいつまでになるのでしょうか。

25万円の追加支援の詳細判明!!/【第3次補正予算】感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金

体制 医療 支援 金 確保 提供 補助 体制 医療 支援 金 確保 提供 補助

2 予算決算及び会計令第71条の規定に該当しない者であること。

18

「医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業」のご案内

体制 医療 支援 金 確保 提供 補助 体制 医療 支援 金 確保 提供 補助

添付書類• 補助金の振込は申請からおおむね1カ月程度の予定。

18

新型コロナウイルス感染症関連の医療機関向け補助制度

体制 医療 支援 金 確保 提供 補助 体制 医療 支援 金 確保 提供 補助

申請書• 電話等情報通信機器を用いた診療体制等の確保• 分類 状況 種類 制度名 内容 相談先 慰労金 院長・スタッフへの支援を受けたい 給付 国 〔対象〕医療機関等に勤務し、患者と接する医療従事者や職員 〔内容〕1人最大20万円。 提出書類 ダウンロード 記載例 記載方法等 実績報告書 募集要領P13 事業結果報告書 支出科目チェック表 募集要領P13 経費の精算根拠が確認できる書類 募集要領P13 納品後の写真 募集要領P13 様式一式 : 記載例一式: (追加) : 10、消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告様式 補助対象経費に「消費税及び地方消費税」を含むものとして申請を行う場合は、以下の手続きが必要になります。 5その他• 補助の対象となる経費は、2020年(令和2年)12月15日から2021年(令和3年)3月31日までにかかる新型コロナウイルス感染症に対応した感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する経費(従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行う者に係る人件費は除く)で、賃金、報酬、謝金、会議費、旅費、需用費(消耗品費、印刷製本費、材料費、光熱水費、燃料費、修繕料、医薬材料費)、役務費(通信運搬費、手数料、保険料)、委託料、使用料及び賃借料、備品購入費が例示されています。

1

2月4日申請開始 「令和2年度新型コロナウイルス感染症 感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」 について

体制 医療 支援 金 確保 提供 補助 体制 医療 支援 金 確保 提供 補助

1 入札方法 入札金額は総価で行う。 (2月13日)• この場合は、支援金の交付をもって交付決定の通知に代え、交付決定通知書等の書面は発行しません。 香川県の県税(延滞金及び加算金を含み、地方消費税を除く。

4

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための補助金が追加交付になりました 期限があるのでお急ぎを・・・「令和2年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」について

体制 医療 支援 金 確保 提供 補助 体制 医療 支援 金 確保 提供 補助

ただし、電子調達システムにより難い者は、紙による入札を認める。 このたび11月25日に日本医師会の定例記者会見で「補助対象となる経費が日本医師会の働きかけにより、従来からの厚労省の例示に加え、より幅広く具体例をもって明確化された」ことが報告されました。

2

入札公告(令和2年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金に係るデータ入力等業務委託一式) |厚生労働省

体制 医療 支援 金 確保 提供 補助 体制 医療 支援 金 確保 提供 補助

もともと感染拡大防止のための補助金として、無床診療所には100万円出ますよ!と卸売業者のかたや見ず知らずの業者の方から、営業の電話やダイレクトメールをたくさん受けていたのではないでしょうか。 直接診療報酬等を請求できるものは対象外。 この発表の中で、使用料及び賃借料について「既存の診療スペースに係る家賃」が補助対象となり得る経費として説明されています。

11