7000万年前の巨大魚化石、アルゼンチンで発見 全長6メートル超 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ファク ティヌス シ ファク ティヌス シ

同国の古生物学者らの研究チームが6日、発表した。 その三匹についていえること。

シファクティヌス、白亜紀のお魚さんは怖い顔

ファク ティヌス シ ファク ティヌス シ

大きいものでは体長6m、現生のシャチくらいの大きさです。

7

wiiのファミリーフィッシングで「シファクティヌス」がなかなか釣れませ...

ファク ティヌス シ ファク ティヌス シ

このシファクティヌスの化石は、レリーフ状態ではなく立体的な状態に復元可能なとっても珍しいものです。 そのあたりは当時、気温が今よりはるかに温暖だった」という。 体長 の数値が「標準体長(standard length。

Category:Xiphactinus

ファク ティヌス シ ファク ティヌス シ

種小名 audax はで「勇猛な」の意。 場所とは沖のことである。 Ichthyodectes ctenodon イクチオデクテス・クテノドン :前者に比して大型。

現生のクシファクティヌス!

ファク ティヌス シ ファク ティヌス シ

約1億1200万前~約7060万年前、白亜紀の浅い海にいた5~6mになる硬骨魚類で、輝く剣という意味の学名がついた古代の獰猛な魚。

wiiのファミリーフィッシングで「シファクティヌス」がなかなか釣れませ...

ファク ティヌス シ ファク ティヌス シ

本種は白亜紀末期のからは発見されず、イクチオデクテス科の全てもまた、を境()として完全に姿を消した。 genus Xiphactinus• 丸みのある顔付きをしている種で真っ赤なのは本種くらいでしょうか。

6

7000万年前の巨大魚化石、アルゼンチンで発見 全長6メートル超 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ファク ティヌス シ ファク ティヌス シ

形態・生態 [ ] は約4 m。 本場とはかなりかけ離れておりますが、大西洋は広いんです!イセゴイに比べてスレンダーで口が大きいのも特徴。

イクチオデクテス

ファク ティヌス シ ファク ティヌス シ

以下、同様。 これらは通常、獲物を呑み込んで間も無く何らかのアクシデントで命を落とし、その後すぐに埋没したものと考えられている。

4

Category:Xiphactinus

ファク ティヌス シ ファク ティヌス シ

ヨーロッパのものは、学生 Michal Matejka がにの()にて発見した、本種の新種である可能性を指摘される不完全な化石がある。