[深夜の告白]: 半可通日記

映画 深夜 の 告白 映画 深夜 の 告白

チャンドラーといえば、名探偵フィリップ・マーロウを創造し、「さらば愛しき女よ」、「長いお別れ」といった名作で、ミステリー・文学ファンにはおなじみの、ハードボイルド小説の巨匠です。

深夜の告白〈1944年〉

映画 深夜 の 告白 映画 深夜 の 告白

渡辺修哉の父 演 - 電気屋を経営。

深夜の告白(1944)

映画 深夜 の 告白 映画 深夜 の 告白

最後もどうなったのか、想像してしまいますね。 下村 優子(しもむら ゆうこ) 演 - 少年Bこと下村直樹()の母親。

15

深夜の告白(1944)|MOVIE WALKER PRESS

映画 深夜 の 告白 映画 深夜 の 告白

ことの始まりは、ウォルターが自動車保険更新を薦めるため、ディートリクソンの屋敷を訪ねたことでした。

深夜の告白〈1944年〉

映画 深夜 の 告白 映画 深夜 の 告白

「私はひとりの女のために人を殺した だが金も女も手に入らなかった」 原題 の 「 Double Indemnity 」は「倍額保障」という保険用語 ここでは 自動車に比べ鉄道 は 事故 が少ないので 鉄道の死亡事故の場合、車の 倍額 保険金が 支払われる特約付保険 のこと その後数多くのミステリー映画やドラマの原型となったと言われる本作 「」も明らかに影響を受けていると思います そのせいで、今見ると新しいトリックはなにもないのですが(笑) 白黒の光と影をうまく利用した画面作りと のスコアが不安を煽る の振りや の強烈な個性も圧巻 原作は 「郵便配達は2度ベルを鳴らす」のジェームス・M・ケイン で 当時は不倫、悪女、 保険金殺人と いう内容に、 映画化が危ぶまれた そうです とのコラボレーションで知られる 脚本家 の に アンモラルだと 断 られてしまい(笑) 映画会社と契約したばかりのに脚本を依頼 なるほど、チャンドラーらしい洒落たセリフがあちこちで出てきます マッチに指で火をつける仕草も粋でかっこいい でも 気難しい チャンドラーと はも ジェームス・M・ケインも 折り合いが悪かった ということ そのわりにはちゃっかりカメオ(序盤で雑誌を読む男)出演 させてもらうという図々しさ(笑) 深夜のロサンゼルス 、猛スピードで 走ってきた車が止まり 撃たれた男が保険会社のオフィスにやって来ました そして口述式のテープレコーダーのマイクに向かい 同僚のキース()に告白を始めます 男はその会社で働く保険 勧誘員 の ウォルター・ネフ(フレッド・マクマレイ) 数か月前、の更新に訪れたディートリチスン氏の屋敷で 夫人のフィリス()が脚に着けているアンクレットから 目が離せなくなってしまいます 今でこそアンクレットを付けている女性は珍しくありませんが 「昼下がりの情事」 1957 でもですが 当時のカでは男を誘う象徴だったのかも知れません 夫人のエロスの虜になってしまったネフは 保険金殺人の計画にまんまと乗せられてしまいます ディートリチスン氏に更新の書類のほかに もう一枚、倍額特約の書類にサインさせることに成功します 契約書にサインさせる微妙な手の動きの巧みな演出 ここから主人公は犯罪者になってしまうわけですが 思わず完全犯罪が成立することを願ってしまう自分がいる(笑) ディートリチスン氏は足に怪我をしてしまい 松葉杖で大の同窓会へ行くことになり 夫人が運転する車に乗り込みます そこを後部席に隠れていたネフがディートリチスン氏を絞め殺し 彼になりすまして列車に乗るのです ここでカメラは殺人の様子を写すことはありません そこにあるのは、表情をまったく変えない夫人の顔だけ しかし展望車で乗り合わせた乗客に顔を見られてしまう 乗客がいなくなったすきに列車から飛び降り、車で先回りしていた夫人と合流 本物の死体と松葉杖を線路に置く 車のエンジンが、なかなかかからないのにはハラハラ(笑) ディートリチスン氏は過失死と認められ 夫人には倍額保険が支払われることになります だけど保険調査員のキースは警察の調査がどうしても腑に落ちない 過失死するには列車の速度が遅すぎると、ひとりで調査を始めます そしてもうひとり、ディートリチスン氏のひとり娘ローラ 事件が落ち着くまで夫人と会うのを控えていたネフは 今度はローラに懐かれてしまいます(笑) ネフのほうも夫人より、若いローラのほうに心を奪われていく ローラの恋人ニノに殺人の嫌疑がかかりますが ローラは父親を殺したのは夫人だと言います 夫人は元看護師で、病気の母親を殺して父親と結婚して 今度はお金のために父親を殺したのだと すべて奪って私を寄宿舎に入れようとしていると訴えます キースも犯人は夫人だと考えていました しかも協力者がいる ディートリチスン氏になりすまして列車に乗ったのは誰なのか ネスはキースの的確な推理によって不安に駆られ あれほど愛していた夫人にイライラしてくる ついにニノと夫人との関係がばれたことで大喧嘩になり 夫人は銃を取り出し、共犯なのに裏切り者だとネフに発砲します ネフは力ずくで銃を取り上げ夫人を撃ってしまう 彼女の最後の言葉は「抱いて・・」でした 夫人はネフを本当に愛していたのかもしれないな 心に自分と同じ黒いものを持っていることに、最初から気づいていた 同じ穴のムジナなのに、自分だけいい人になってローラにつくなんて許せない 女の嫉妬心が彼にを向けてしまったのです 夜明けに誰より出勤するキースは、ネフの告白をすべて聞いていました 受話器をとり警察に通報、そして最後の煙草に火をつける 「同僚だから身近すぎて、俺が犯人だと気がつかなかっただろう」 「同僚?それ以上だ」 犯罪者と知っても揺るがない、男同士の友情が美しい ちなみに「マンハッタン殺人ミステリー」 1993 の作中で とが見ているのがこの作品 皮肉なことにその頃アレンもの養子、スン=イーに手を出し とんでもないことになっていました(笑) 【解説】 より 「流刑の大陸」のジョセフ・シストロム製作の心理スリラー映画、 1944 年作品。

13

保険会社の男と美しい人妻 不倫の果てに… 深夜の告白【坂本朋彦のシネフィル・コラム】 |NHK_PR|NHKオンライン

映画 深夜 の 告白 映画 深夜 の 告白

マクマレイを誘惑する美しい人妻を演じるのはバーバラ・スタンウィック。 佐々木 真樹 マッキー:体操部 -• [深夜の告白] [Double Indemnity 1944] 破滅の道をまっしぐら、じわじわと包囲網の狭まる緊迫感はなかなか。 【放送日時】 プレミアムシネマ「深夜の告白」 5月14日(木)[BSプレミアム]後1:00〜2:49 そのほかの映画情報は 【コラム執筆者】坂本朋彦 (さかもと・ともひこ) 1990年アナウンサーとしてNHK入局。

2

『深夜の告白』

映画 深夜 の 告白 映画 深夜 の 告白

夫の殺害方法は恐らく「絞殺」だと思うのだが、死体発見後の死因が「首の骨折」と推定されているのは、ギリギリで納得できるラインだと思った。 第1次選考の9作品に残ったが 、本選ノミネート5作品には選ばれなかった。

5

映画「深夜の告白」: 東京漂流日記2.0

映画 深夜 の 告白 映画 深夜 の 告白

ラストは、女を殺し、会社に戻って全てを告白する男。

深夜の告白(1944)|MOVIE WALKER PRESS

映画 深夜 の 告白 映画 深夜 の 告白

ウォルターはフィリスに保険のセールスをしていくうちに、どんどんフィリスの魅力の虜になっていきました。 修哉を生んだ妻と別れ、再婚する。 自分が母を殺してしまったことに半狂乱となった修哉のもとに森口が現れ、涙を流しながら「ここからあなたの更正の第一歩が始まるんです」と声をかける。

15