和歌・短歌の意味

水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ 水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ

山ふかみ春ともしらぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水 作者:式子内親王(新古今集) 意味:山が深いので、春を待ちわびているのに春と気づかない粗末な庵の松の戸に、とぎれとぎれに落ちかかる雪解けの美しいしずくよ。

14

季語別「蕪村句集」(868句)

水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ 水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ

直前が四段動詞の已然形だから完了・存続の助動詞であると判断できる。

3

駆け出し百人一首(39)袖ひちて掬びし水の凍れるを春立つけふの風やとくらむ(紀貫之)|吉田裕子(国語講師)|note

水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ 水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ

【補記】恋人と逢えない苦しみを詠む。

5

紀友則 千人万首

水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ 水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ

しきたへの枕の下に海はあれど人をみるめはおひずぞありける (古今595) 【通釈】枕の下に涙の海はあるけれども、人を見る目という名の海松布 みるめ は生えないのであった。 梅を通して、その人の趣味の高さを賞賛し、共感を訴えた歌である。 決して幸福なだけの人生ではなかった式部です。

18

96ページ目の[ 常用漢字 ]

水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ 水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ

「桜」を掛けている。 手ですくう。

15

96ページ目の[ 常用漢字 ]

水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ 水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ

及 下彼時變 2澆漓 1人貴 中奢淫 上、浮詞雲興艷流泉涌。 爰にいにしへの事をも歌の心をも知れる人、わづかにひとりふたりなりき。 竜 田川もみぢ乱れて流るめりわたらば錦なかや絶えなむ 作者:読み人知らず(古今集) 意味:竜田川に紅葉が散り乱れて流れている。

紀友則 千人万首

水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ 水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ

秋も近づき、今着ている夏衣ではないが、あの人の心も薄くなるだろうと思うので。

16

880120京都歳時記[花鳥風月]その一

水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ 水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ

ナンテン 正月に緑の葉があって,美しい赤い果実を鈴なりに付けるので,床飾りとし ます。 思 レ繼 2既絶之風、欲 レ興 2久廢之道 1。 天離る夷の長路ゆ恋ひ来れば明石の門より大和島見ゆ 作者:柿本人麻呂(万葉集) 意味:いなかの長い旅路の間、大和を恋いつつ帰ってくると、明石の海峡から大和の連山が見えているよ。

13

96ページ目の[ 常用漢字 ]

水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ 水 風 や ほれる の を ふ 春 と むすび つけ し ち こ て 袖 の くらむ 立 ひ

そうした都人の常識を踏まえての詠。

3