運送業の指導監督指針12項目の実施の仕方と記録方法!

指針 監督 指針 監督

事故惹起運転者、初任運転者、への特別な指導・監督について、貸切バス運転者に限っては 「実技指導20時間」が新たに義務づけられます。 VIII -4-2-7-2 銀行代理業に関する報告書の縦覧に係る留意事項• II -5-1 行政処分(不利益処分)に関する基本的な事務の流れについて• ・貸切バスの運転者に対しては、座学については合計6時間以上、 実技指導 については、20時間以上実施すること。 III -3-4-1 顧客の誤認防止等• III -9-2 主な着眼点• V -1-9 変更届出書の記載要領等• 顧客の利便性、並びに保険募集品質の向上を目的として、当社のACP(注1)とAPI(注2)連携を前提としたシステム連携を行っている保険会社の商品• III -2-1-4-4 その他• VIII -3-4-1-1 兼業承認の要否• III -6-3 意見交換制度• III -3-2-4 開示に当たっての留意事項• VII -1-1 意義• III -11-1 意義• III -3-6 事務リスク• 実際、今回の改正については、 をご覧いただければ豊富な資料が公開されていますので、大いに活用したいですね。

法務省:企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について

指針 監督 指針 監督

特に、法令に書かれていない表現があれば、そのまま所見問題等に当該表現を用いて解答すれば、試験委員の「受け」が良いかもしれません。 そこで、是非活用したいのが、金融庁ホームページ(特に、パブリックコメント)でして、所望の『新旧対比表』を含めた周辺情報が惜しみなく公開されていることが多いです。

5

顧客本位の業務運営に関する原則及び金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針改正案の公表

指針 監督 指針 監督

III -4-9 情報開示(ディスクロージャー)の適切性・十分性• III -3-3-1-1 意義• III -2-3-6-2 着眼点と監督手法・対応• この指導監督指針の第一章は、簡単に言えば、緑ナンバーの営業トラックに乗務する運転者に対して、かならず1年間に実施すべき教育内容と記録保存方法が書かれています。 V -3-1 基本的考え方• III -3-10-2 主な着眼点• II -3-5 インターネットバンキング• III -2-3-4-4-3-1 監督手法• 最近の生保コースの出題傾向として、監督指針からの穴埋め問題が多くなっています。

15

保険会社向けの総合的な監督指針 : 金融庁

指針 監督 指針 監督

(1)事業用自動車を運転する場合の心構え (2)事業用自動車の運行の安全を確保するために遵守すべき基本的事項 (3)事業用自動車の構造上の特性 (4)貨物の正しい積載方法 (5)過積載の危険性 (6)危険物を運搬する場合に留意すべき事項 (7)適切な運行の経路及び当該経路における道路及び交通の状況 (8)危険の予測及び回避並びに緊急時における対応方法 (9)運転者の運転適性に応じた安全運転 (10)交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因並びにこれらへの対処方法 (11)健康管理の重要性 (12)安全性の向上を図るための装置を備える事業用自動車の適切な運転方法 12項目あるとかなりの量に感じますね。 III -2-3-4-4-2 流動性カバレッジ比率の計算の正確性• III -3-8-2 主な着眼点• II -3-1 意義• II -3-2-6 苦情等への対処(金融ADR制度への対応も含む)• III -8-3 危機発生時における対応• III -2-3-4-4-3 流動性カバレッジ比率規制に関する監督上の措置• V -5-2 結約書• III -1-10 電子申請可能な申請書等を提出するに当たっての留意点• III -2-6 資産運用限度• 新型車両には、被害軽減ブレーキや追突事故防止装置、車間距離制御装置などの装備が進んでいますが、運転者にその機能を十分に理解させ、活用を促すことが目的です。

保険会社向けの総合的な監督指針 : 金融庁

指針 監督 指針 監督

II -3-2-4 外部委託• 投資信託委託業者及び投資法人等並びに証券投資顧問業者等の監督等にあたっての留意事項について (平成19年9月30日廃止)• IV -1-13 インターネットによる商品販売の取扱い• II -2-1-1 意義• 証券会社向けの総合的な監督指針(平成19年9月30日廃止)• V -3-3 子会社等の業務範囲• II -3-6 報告態勢• IV -1-6 免責事由• 5 過積載の危険性 過積載に起因する交通事故の事例を説明すること等により、過積載が事業用自動車の制動距離、安定性等に与える影響を理解させるとともに、過積載による運行を行った場合における貨物自動車運送事業者、事業用自動車の運転者及び荷主に対する処分について理解させる。 III -3-2-4-7 流動性に係る経営の健全性の状況の開示(施行規則第19条の2第1項第5号ホ、第19条の3第3号ニ、第19条の5、第34条の26第1項第4号ニ及び第34条の27の2関係)(国際統一基準行)• 受験生自身の言葉で解答することも大切ですが、法令や監督指針等から正確に「引用」することも、試験委員への良いアピールになるでしょう。

2

バス運転者の指導・監督指針を改正

指針 監督 指針 監督

III -2-18 保険契約の移転• V -3-4 議決権の取得等の制限• VIII -3-1-5 行政報告• III -11-6-1 損失吸収力等の適切性・十分性・正確性• VIII -3-4-2 兼業承認の審査に当たっての留意事項• III -3-1 法令等遵守(特に重要な事項)• III -3-6-3 監督手法・対応• このように、日常生活で用いる言葉(分別管理など)を組み合わせることで、保険特有の専門用語が作られている場合、そこからの出題可能性も高いと考えられます。 II -3-4-2 ATMシステムのセキュリティ対策• II -3-1-4 反社会的勢力による被害の防止• 4.単語検索 「責任準備金」や「リスク管理」など、出題可能性の高いキーワードで検索すれば、用語単位で学習することも可能性です。 III -3-2 情報開示(ディスクロージャー)の適切性・十分性• II -2-2-2 早期警戒制度• 別紙様式2( ・ )• 5.穴埋め問題 区分経理の資産区分について、「資産分別管理方式」、「資産単位別持分管理方式」および「資産持分管理方式」に関する穴埋め(実際の出題では前2つの用語)が、2018年度(生保2)問題1(3)で出題されました。

1