ヒストリエ第11巻 パウサニアスとオリュンピアス

ヒストリエ パウサニアス ヒストリエ パウサニアス

自らの手でアレクサンドロスの別人格を育て、二つの心を持ったわが子が「フィリッポスを踏み越える」存在になることを望む。

6

『ヒストリエ』究極のネタバレ→歴史書みながら展開大予想!|東京マンガレビュアーズ

ヒストリエ パウサニアス ヒストリエ パウサニアス

ダイマコス ボアの村の近隣ティオス市の顔役フィレタイロス家の長男で、サテュラの許婚。

12

ヒストリエ最新106話ネタバレ「オリュンピアスの敗北」

ヒストリエ パウサニアス ヒストリエ パウサニアス

考えられるのは2つかな。 -- 名無しさん 2019-02-10 00:29:50. 逃亡中にエウメネスと知り合い、カルディアへの道すがらに花を咲かせた。 彼をずっと気にかけていたのも、半分は贖罪としてなのかもしれない。

9

ヒストリエ

ヒストリエ パウサニアス ヒストリエ パウサニアス

いかなる理由によってか、素性を隠して訪ねたバルシネがアリストテレスを追跡していたことを見抜いた。 バルデュリスの支配地域の豪族はこぞってフィリッポスの陣門に下った。 負けず嫌いの性格から、ミエザの学校ではベルディッカスやプトレマイオスなど年長者に対して強い対抗心を燃やす。

『ヒストリエ』11巻 「心」がある場所は身体の何処だと思いますか?「頭」か「心臓」かそれとも…

ヒストリエ パウサニアス ヒストリエ パウサニアス

学者のアリストテレスを招聘して、先述した「ミエザ」を開設するなど人材の育成・発掘にも貪欲で、カルディア遠征では現地で色々と大立ち回りをかましたエウメネスに目を付け彼を配下に引き込もうとした。

16

フィリッポス2世

ヒストリエ パウサニアス ヒストリエ パウサニアス

基本的に優しい母親としてエウメネスに接するが、時々でヒエロニュモス 息子 を優先する振舞いをする。 古代ギリシア文明を代表する大賢人。

10

【ヒストリエ】作者岩明均さんのコメント 休載減らし掲載ペース改善へ

ヒストリエ パウサニアス ヒストリエ パウサニアス

短剣の片側に毒を塗り、毒味役は無事で、2切れ目に毒が付着する仕掛けだった。

14

パウサニアスって誰?「ヒストリエ」第11巻ついに発売!

ヒストリエ パウサニアス ヒストリエ パウサニアス

ヒストリエの第11巻が、2019年7月23日に発売されました。 パウサニアスの顔はアレクサンドロスにそっくりだったのです。