栃木県/実需者ニーズに応じた低コスト生産等の取組を支援します(新市場開拓に向けた水田リノベーション事業)

リノベーション 事業 水田 リノベーション 事業 水田

詳細については下記のリンク先をご覧ください。 また、商品表示では外国産米から国産米使用に変える必要がある。 事業の概要 麦・大豆の需要を捉えた生産拡大により国産シェアを拡大するため、作付の団地化等の推進と営農技術の導入等による産地の生産体制の強化・生産の効率化を推進します。

6

直播栽培、効率施肥など低コスト生産が要件-水田リノベ事業|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

リノベーション 事業 水田 リノベーション 事業 水田

果たしてその価格で買ってくれる実需者がいるのか? と言う点で、最も加工用米の使用量が多い清酒業界はコロナ禍で国内外とも販売量が落ち込み、2年産米の消化にも苦しんでいる状況で3年産加工用米の購入契約量を上乗せ出来るところはほとんどない。 以下に続く. 対象品目は輸出用米、加工用米、麦・大豆、高収益作物の4品目です。 また、本事業は申請内容を踏まえて審査し、予算の範囲内で支援対象者が決定される補助事業であるため、必ず支援を受けることができるものではありません。

3

【2021正念場 水田農業】需給状況 危機感共有を――米在庫削減が最大の課題に JA全中 馬場利彦専務に聞く(2)|クローズアップ|農政|JAcom 農業協同組合新聞

リノベーション 事業 水田 リノベーション 事業 水田

何をどれだけ作付けすれば所得が最大になるのか、水田農業全体で考えることをJAは提起し、それを主体的に受け止める担い手を育成することが今こそ現場に求められているということだと思います。 これからが、いよいよ本格的に作付け・出荷先の見極めに取り組んでいただく、いちばん大事な時期になると思います。 生産者はリスク分散を考えてさまざまな出荷先に販売していると思いますが、売れずに在庫になっていれば今年産の米は買ってくれません。

11

【農水省】水田農業を営む農業者への新たな支援策を発表

リノベーション 事業 水田 リノベーション 事業 水田

支援内容 作物ごとに定める低コスト生産等の取組面積に応じて以下の単価で支援します。

12

新市場開拓に向けた水田リノベーション事業について(要望調査)

リノベーション 事業 水田 リノベーション 事業 水田

3.必要書類及び都道府県窓口について 参考資料 お問合せ先 農林水産省 穀物課 03-6744-2108 北海道農政事務所 生産支援課 北海道 011-330-8807 東北農政局 生産振興課 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島 022-221-6169 関東農政局 生産振興課 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、静岡 048-740-0409 北陸農政局 生産振興課 新潟、富山、石川、福井 076-232-4302 東海農政局 生産振興課 岐阜、愛知、三重 052-223-4622 近畿農政局 生産振興課 滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山 075-414-9020 中国四国農政局 生産振興課 鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知 086-224-9411 九州農政局 生産振興課 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島 096-300-6227 沖縄総合事務局 生産振興課 沖縄 098-866-1653. 結果として、各都道府県や各産地に例年より早く、次年産に向けた検討に着手してもらうことに繋がったと考えています。

栃木県/実需者ニーズに応じた低コスト生産等の取組を支援します(新市場開拓に向けた水田リノベーション事業)

リノベーション 事業 水田 リノベーション 事業 水田

ですから、需給状況を伝えること、備えることが大事だということです。 変えなくて済む数量は全体使用量の30%以内だ。

2021年産米の作付け転換に10aあたり4万円の助成(水田リノベーション事業)。

リノベーション 事業 水田 リノベーション 事業 水田

事業概要 輸出等の新市場開拓を図るため、実需者ニーズに応じた価格・品質等に対応するために必要となる低コスト生産等の取組を行う農業者を支援するものです。 こちらは、水田農業を営む生産者さんに向けた新たな支援ですので、早めにご確認をしてください! 【水田農業を営む農業者への新たな支援策のご案内】 水田農業を活性化させるために、需要に応じた作付転換を支援します。 農水省はこれらの案を12月14日の自民党農業基本政策検討委員会に示した。

【2021正念場 水田農業】需給状況 危機感共有を――米在庫削減が最大の課題に JA全中 馬場利彦専務に聞く(2)|クローズアップ|農政|JAcom 農業協同組合新聞

リノベーション 事業 水田 リノベーション 事業 水田

各都道府県のほか、県中央会、全農県本部にも参加してもらい、オンラインでしたが数百人規模の会議になりました。

20